タイガー・ウッズとロリー・マキロイのチップショットから至極のテクニックを盗む。

タイガー・ウッズとロリー・マキロイのチップショットから至極のテクニックを盗む。


今日紹介するのは、タイガー・ウッズとロリー・マキロイのチップショット比較映像です。
上級者の「形」からチップショットのポイントを盗んでみましょう。

まずはこちらの映像からご覧ください。
角度的にボール位置が見えませんが、どちらも30ヤード程度のチップショットでしょうか。




いくつか共通したポイントが見えてきますね。

・セットアップ

前傾角度や、スタンス幅、肩のラインに注目できます。スタンス幅はショットよりも明らかに狭いです。同距離のチップショットであれば、上級者のスタンス幅は皆同じようなものでしょう。

・ストローク

腰の高さまでのテイクバック。両手位置は右大腿部までしか上がっていません。両者とも、背骨を中心とした回転運動を行いながら、一定のストロークリズムで打っています。


この、振り幅、リズムから飛距離が想像できるということが決定的に重要なんです。


もし、あなたがタイガーやマキロイと同じ男性であれば、同距離を打つのに力は殆ど関係ありません。
ご自身の30ヤード程度のチップショットをイメージ頂ければと思いますが、2人よりテイクバックが大きすぎたり、コックを使いすぎてしまっていれば、反動によりインパクトで緩めたり、フォローを小さくとって距離を調整しようとする動きとなるはずです。当然、距離は合わせにくくなりますし、インパクトの精度も下がりミスショットの要因になります。チップショットが苦手な方は、ストロークのリズムもテイクバックとフォロースルーで同じリズムになっているかどうかチェックしてみると良いかと思います。

・インパクトからフォロースルー

インパクトからフォロースルーにかけての腰・上体の開き方、ボールを追う目線の上げ方、フェース向きの確保に注目です。

小さいショットですが、両者ともインパクトまではしっかり頭が残っています。体の回転に従い顔も同調しながら回転し、目線は左目→右目の順にボールを追っています。
結果を気にして早めにボールを見ようとすると、前傾が崩れたり体そのものが起こされてしまい、トップなどのミスにつながります。


上級者の「形」から盗めることは沢山ありますね。上達のヒントになれば幸いです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加