タイガー・ウッズ(Tiger Woods)の記憶に残るホール・イン・ワン2選

タイガー・ウッズ(Tiger Woods)の記憶に残るホール・イン・ワン2選


今回はタイガーの記憶に残るホール・イン・ワン2選です。


タイガーはプロ入り初戦で、いきなりホール・イン・ワンを達成します。
1996年 グレーター・ミルウォーキーオープン(Greater Milwaukee Open)での一コマ。



1997年、フェニックスオープン(Phoenix Open)の3日目、16番でのショット
タイガーはこの時21歳、若いです。この年にタイガーはPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いています。



近年は怪我に泣かされ続けているタイガーですが、再び華やかなプレーを見たいものですね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加