フィル・ミケルソンが解説する、最適なパターのころがりについて。




フィル・ミケルソンが解説する、最適なパターのころがりについて。
最適なロフトでインパクトすることで、ボールが回転せずに一定距離
跳ねた後、転がりがかかります。ロフトが寝すぎれば、バックスピン、
立ちすぎるとトップスピンがかかることが分かり、パターのタッチに影響するのは一目瞭然です。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加