パターのトゥ部分を使ったアプローチ

パターのトゥ部分を使ったアプローチ



今回紹介するのは、寄せの小技。ピン型のパターに限定されますが、パターのトゥ部分を使ったアプローチです。

カラーとラフの境目は難しい

カラーとラフの境目にボールが止まってしまったケースでのテクニックです。特にグリーン奥でボールが止まる場合など、比較的良くあるシチュエーションなのですが、ウエッジではラフに掛かりそうで、パターでもラフに食われてストロークが乱れそうという難しい状況です。


パターのトゥを使った寄せの小技

マレット型のパターではできないのですが、こんな時に使える小技です。
パターのトゥ部分を使うことで、パターと同じストロークながら、抜けが良くなり、またタッチと方向のイメージもつきやすくなります。ピン型のパターを使っている方は試してみてはいかがでしょうか。

カイル・スタンリー(Kyle Stanley)による、パターのトゥを使ったアプローチ

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加