グリーン奥、左足下がりからの寄せのコツ

グリーン奥、左足下がりからの寄せのコツ


グリーン奥は大トラブルになりやすい。

今回は突っ込みすぎてしまい、グリーン奥にボールが行ってしまった際の対処です。
グリーン奥というのはOBゾーンだったり、極端に急な斜面となっている場合が多く、悪い状況からの難しいショットになるケースが大半です。
更に、国内のゴルフコースでは、ほとんどの場合グリーンが受けているため、グリーン奥からの寄せの場合には、下りのグリーンを攻略する必要がでてきます。大たたきの危険がある状況です。



今回はそのような状況の中でも難易度が高い、グリーン奥から左足下がりという状況での対処です。




左足下がりでは、球を上げるイメージは持たない。

左足下がりのアプローチは、ボールが上がりません。更に先に控えるグリーンが下りとなると、球を上げて止めていくイメージを持ちがちですが、これはNGです。
まず、転がしていくイメージを持つところから入りたいです。手前が強烈なラフの場合などで転がすイメージが持てない場合には限りなく低いボールのイメージを持ちます。

その上で、フェースを開き、ボールはやや右寄りにセットアップすることでボールにコンタクトしやすくし、トップボールがでないための保険をかけます。

最大のポイントは、①軽いアウトサイドインのカット軌道で ②傾斜なりに振ることです。傾斜なりに振ることでトップやダフリの確率が軽減されます。
また、左足下がりの急斜面では、インサイド軌道で振るとダフリの可能性が出てきます。このためカット軌道でクリーンなインパクトを優先します。
また、ライにもよりますが、カットで振ることでボールにスライス回転がかかり易くなり、グリーン上でボールが死にやすくなります。

お試しください。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアアップを狙う中級者のためのフェアウェイウッドのヒント

スコアアップを狙う中級者のためのフェアウェイウッドのヒント



距離を打ちたいときほど体の軸を意識する

中級者の腕前になっても、フェアウェイウッドでグリーンを狙うショットを打つ場合には、無意識に距離を出したくなるものです。
長い距離を狙う場合には、体の軸ぶれが大敵となります。飛ばしたい時ほど体の軸を意識し、体の上下左右の動きをできるだけおとなしく保つように心がけたいものです。飛ばしにはヘッドスピードとミート率の両方が大切。いくらクラブを早く振れてもインパクトが安定しなければ狙った距離は出ません。体の中心軸がキープできる範囲の中で、回転を早くするイメージが重要です。あまりにもシンプルですが、飛ばしたい時ほど軸をキープしたまま、その場で回転を行う動きを心がけたいものです。


フェアウェイウッドでもグリーンでしっかり止まるボールを打つには

フェアウェイウッドでもグリーンでしっかり止めていきたい場合には、弾道を高くして軽いフェードボールのイメージが最適となります。
特にドローボールが持ち球の方は、FWでのランの量が気になったり、インサイドから入りすぎることでダフってしまうのではないかというイメージを持ちがちです。ほんの少しクラブを外から入れるイメージを持つだけでも球筋が変わってきます。
お試しください。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加