タイガー・ウッズ(Tiger Woods)が60台前半で回るとき。

タイガー・ウッズ(Tiger Woods)が60台前半で回るとき。


2013年PGAツアー、WGCブリジストンインターナショナル2日目、圧巻のタイガー


2013年8月1日から4日間、Firestone CC(南コース)で開催された、PGAツアーWGCブリジストンインビテーショナル(2013 World Golf Championships – Bridgestone Invitational)では、タイガー・ウッズが2位に7打差をつけて優勝しました。
この大会、タイガー・ウッズは2日目にFirestone CCのコースレコードタイとなる「61」で回りました。
なお、Firestone CCのコースレコード「61」は他ならぬタイガー自身が作ったものです。また、この「61」というスコアはタイガーウッズのベストスコアと同スコアでもありました。
そんな、タイガーウッズの2日目ダイジェストシーンです。


タイガーはゾーンに入ると、リカバリーとロングパットが神がかったものになりますが、この日のタイガーも素晴らしいです。
ただ、「61」とはいえ、惜しいショートパットなどもあります。ゴルフにタラレバは禁物ですが、50台も十分狙える内容だったのではないでしょうか。
この2日目は、日本の松山英樹選手と一緒のラウンドでした。松山選手も良い研究になったものと思います。






おまけ
優勝後、タイガーと息子(Charlie Axel Woods)との再開シーン。史上最強の父ですね。



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイガーとガルシアによる、木を障害物と感じさせないリカバリーショット2選

タイガーとガルシアによる、木を障害物と感じさせないリカバリーショット2選


タイガーとガルシアによる、木を障害物と感じさせないリカバリーショット2選
ゴルフで最も多いトラブルは木が邪魔になることですが、1打を争っているプロには、木が邪魔でも無理気味に攻めなければならない場面もありますよね。
今回は、タイガーとガルシアのスーパーリカバリーを紹介します。共にセカンドショット、パーオン狙いという状況です。


タイガー・ウッズのスーパーリカバリー


2012年AT&T Nationalによるワンシーン。スイングを振り抜く軌道上に木があるシチュエーションです。果敢にインテンショナルフックをかけて行きますが、クラブが木に激突しています。2:05~正面のスイングビジョンカメラ映像で確認できます。



セルヒオ・ガルシアによる、木の上からの片手打ちリカバリー


2013年のアーノルド・パーマー・インビテーショナルでのワンシーン。
こんなところからでも打てるんですね。アンプレイアブルでもおかしくない状況ですが、良く打ってます。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加