日本ゴルフツアー通算51勝、日本を代表するプロゴルファー、青木功のスーパーショットなど。

日本ゴルフツアー通算51勝、日本を代表するプロゴルファー、青木功のスーパーショット、各種ショット。




青木功のPGAツアー初優勝シーン。同時に日本人男子によるPGAツアーでの初優勝シーン。

1983年2月に行われた「ハワイアンオープン」。最終日のパー5、18番ホールで、青木は首位を1打差で追う展開となっていました。ミスショットが重なり、残り128ヤード残しての第3打。バーディーを狙いPWで放たれたショットは、グリーンで高く弾みなんとそのままカップイン。渾身のイーグルショットとなり、奇跡の逆転優勝を飾りました。先に首位でホールアウトしていたジャック・レナーの呆然とした表情が印象的です。




青木功のドライバーショット 正面・後方スロー



青木功のウッドショット 正面・後方スロー



青木功のアイアンショット 正面・後方スロー



青木功のアプローチショット 正面・後方スロー



青木功のパッティング 正面・前方スロー
若い頃の青木功のパッティングはダウンブローに打ち込むリストパッティングを多用し、カップを外し大きくオーバーしそうな強めの球筋もピタッと止めていました。


Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

マキロイ、ウッズ、ダフナーによる世界最高のパッティングストローク3選。

マキロイ、ウッズ、ダフナーによる世界最高のパッティングストローク3選。


パッティングにおいては、全てのトッププロに共通しますが、下半身が微動だにしないストロークを身につけています。アマチュアで相当な実力を持つ方でも、コースに出るとインパクト以降にボールの行き先が気になってしまい、前傾が起こされ腰が開いてしまうストロークをしている人は多いものです。下半身の安定は、パッティングの精度を上げるために必須の条件と言って良いでしょう。

ドライバーのロングドライブも1打、30センチのパッティングも1打、正にパット・イズ・マネーです。ことパッティングに関しては年齢、性別、体格などほとんど関係ありませんので、世界レベルのストロークを真似て練習されてみてはいかがでしょうか。


ロリー・マキロイのパッティング 正面スロー

やや内股にアドレスし下半身を安定させ、両肩の真下でグリップ。
ボール位置は左目の下です。オーソドックスなスタイル。



ジェイソン・ダフナーのパッティング 正面スロー

こちらもオーソドックスなアドレス。
インパクト以降の目線、ボールの追い方が参考になります。
インパクト以降ボールを追う場合、ジェイソン・ダフナーのように左目を使い、首を左に回転させながら下から上に見ていく動きで追いかけたいです。(右打ちの場合。)



タイガー・ウッズのパッティング 正面スロー。

タイガーも同じアドレスです。ティー2本でボールを上下に挟みヘッドが同じ位置で帰ってくるように練習しています。また、右手だけの片手打ちやクロスハンドも練習していますね。



タイガー・ウッズの右手打ちパッティングドリルについては、こちらの記事も参考にしてみてください。パッティングの「考え方」と、10秒で距離感をつかむ秘儀。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加