パッティングの「考え方」と、10秒で距離感をつかむ秘儀。

パッティングの考え方と、30秒で距離感をつかむ秘儀。



パッティングも他のショットと同様、「距離感」と「方向性」を合わせることが大切です。

「入れに行く」パッティングでは、「距離感」と「方向性」の両方を合わせる必要があります。
しかし、1パット目で「入れに行ける」状況になることは、実はそれほど多くありません。(当然本人の技量によりますが。)

多くの場合には、2打で確実に上がるために、「方向性」よりも「距離感」を合わせていく事が大切になってきます。距離を合わせに行った結果、1パットで入ることもあるという考え方にしておくことが大きな保険となるのです。

一番避けなければいけないのは、常に「入れにいく」パットをしてしまうことで、ロングパットで大ショートしてしまったり、下り傾斜で転がりすぎてしまい、返しを外して3パットという状況を徹底的に回避することです。


パッティングでは右打ちの場合、「距離感」は右手、「方向性」は左手で作るのが一般的です。

練習グリーンなどで距離感が合わないときには、実際にボールを手に取り下手からボールを投げてみて、距離のイメージを掴んでから、まずは、右打ちであれば右手1本でパッティングの練習に入ることが効果的です。

ボールを手に持ち、下から目標に向かって投げると、無意識に利き手の親指、人差し指、中指の付け根から指先を使って投げます。この3本の指や指の付け根で感じているフィーリングが大切で、感覚的な距離感を決めていきます。
以下で紹介するドリルを行うことで、距離感を掴むことに繋がります。




あ、そういえば、タイガー・ウッズも良く右打ちで練習してますね。
以下の動画では、少し強めのフィーリングから、徐々に「距離」を合わせに行っているのが分かるかと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加