理想的な体重移動・重心移動とスエーしないための尻のターン

理想的な体重移動・重心移動とスエーしないための尻のターンについて






スイング中の体重移動・重心移動について

スイング中、正しい体重移動・重心移動は必要な動きとなります。特に飛ばしという観点からは体重移動・重心移動が不可欠です。
ただ、トップスイング時に体重移動・重心移動が過剰となりスエーしてしまうケースや、逆に体重移動・重心移動が不十分となり、重心が左足方向に残ることで生じるリバース・ピボット(明治の大砲)は良く見られる光景です。共に、体重移動・重心移動が間違っている場合に起こります。

トップスイング時に右足小指より外側に加重、重心も右足中心より外側にかかってくるとスエー、逆にトップスイング時に左足土踏まず方向に体重が残ってしまうとリバース・ピボットとなります。
一般的には、ゴルフの初心者は体重移動・重心移動を過剰に行いすぎてスエーのミスがでます。逆にリバース・ピボットは動きすぎることでミート率が下がることを理解している中級者以上のミスと言えるでしょう。



理想的な体重移動・重心移動の方向と、それを実現するための回転運動について

理想的な体重移動・重心移動とは、以下のような動きとなります。
まず、アドレス時には左右の足の拇指球から土踏まずにかけて加重、重心は体の真下からやや右方向にあります。
トップスイングに至るまでの過程で右足拇指球→右足かかと方向に加重され、重心は右足土踏まずの辺りに置かれます。重心はアドレス時から水平に移動するイメージです。
その後、切り返しからインパクト→フィニッシュにかけて左足拇指球→左足かかと方向に加重され、重心は右足土踏まずから左足土踏まずの方向に水平移動していきます。

理想的な体重移動・重心移動は、ゴルフスイングが回転運動であることを理解し、背骨から尾てい骨を中心に回転する動きを行うことで矯正されていくことが多いです。
理想的な体重移動・重心移動が行われると、右の尻はアドレス時からトップスイング時にかけてややターゲット方向に動くことになります。

以下の動画を、背骨から尾てい骨を中心とした回転運動と右の尻の動きに注意しながら、体重・重心がどこにあるかを意識して見てみると、プロは同じ動きをしているのがわかると思います。

アンソニーキム(Anthony Kim)


タイガー・ウッズ


ロリー・マキロイ



正しい回転運動をマスターすることで、体重移動・重心移動を最適化する。

以下の動画は、正しい回転運動をマスターするためのドリルです。
壁などをアドレスと平行方向にお尻に当て、壁からお尻が離れないように回転する練習を行います。トップスイングの際にに右の尻はターゲット方向に少し動くことを意識します。また、切り返し以降は左右の尻が壁から離れないように練習します。背骨から尾てい骨を軸とした回転運動の動きが実現できるようになると、自然と体重移動・重心移動が最適化されます。参考にしてみてください。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的な体重移動・重心移動とスエーしないための尻のターン” への1件のコメント

  1. ピンバック: ゴルフ ~スクラッチプレーヤーの道程~: 番外編 | 総合情報、トレンド、エンタメ