バッバ・ワトソンの直ドラ。残り305ヤードを3メートルにつけるスーパーショット。

バッバ・ワトソンの直ドラ。残り305ヤードを3メートルにつけるスーパーショット。


2011年のヒュンダイ トーナメント オブ チャンピオンズでの1コマ。カパルアリゾートの18番、残り305ヤードからのセカンド。
ダウンヒルの難しい状況からバッバ・ワトソンはドライバーを選択。スライス気味に出したボールは、見事にグリーンオンし3メートルにつけます。


Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加