ルーク・ドナルドによる、エッジ近くにピンが切ってある場合の寄せ方解説。

ルーク・ドナルドによる、エッジ近くにピンが切ってある場合の寄せ方解説。



ルーク・ドナルドによる、グリーンエッジの近くにピンが切ってあるときの寄せ方解説。
このような状況の場合に、ルーク・ドナルドは、キャリーで運びランを極力抑えるショットを意識しているようです。
ボールを高く上げる訳ではないですが、軽めのロブを打つ感覚で寄せています。

いつも60度のウェッジを使い、ボール位置は左足方向。
飛ばないようにフェース面を開き、そのままフェースを開いたままインパクト、左腰方向に低めに腕を抜いているとのことです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加