ルーク・ドナルドによるカラーとラフの境目からの寄せ解説

ルーク・ドナルドによるカラーとラフの境目からの寄せ解説


グリーン周りで、ボールがカラーとラフの間に止まってしまうことはよくあります。
ラフにボールがかかっている場合、パターで通常のストロークを行うとラフにパターヘッドが引っかかり、ストロークが乱れてしまいます。

このようなシチュエーションでの、ルーク・ドナルドの寄せ方解説です。
ウェッジ(54度)の歯の部分を使い、パターのグリップとストロークでボールの上部にインパクトさせて上手く転がしています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加