ルーク・ドナルドのパター練習ドリル風景。正面から。

ルーク・ドナルドのパター練習ドリル風景。正面から。




ルーク・ドナルドのパッティング技術は、パターの名手、藤田寛之に「タッチの合わせ方がすごく、どの距離も入りそうになる」と言わしめた程と言われています。
ただ、ルーク・ドナルドは、「自分のパッティングは、独自のドリルの賜物である。」と発言しています。

では、どのようなドリルをしているのでしょうか。

ルーク・ドナルドは海外のインタビューで、パッティングについて問われ、こんな風に答えています。

「パター練習は最重要視している。距離感を合わせるためのドリルの1つとして、1メートルから2メートル(正確には4-8ft.と発言)の距離から連続してホールに入れる練習をしている。20個のボールを状況が異なる4つのホールの周辺にセットし、15個がカップインすることを目標に集中して行っている。失敗したらまた20個から始め、集中力を高めるようにしている。」

パターは距離感と方向性を合わせることが大切ですが、では、ルーク・ドナルドがどのような練習をしているのか、少し見てみます。


パッティングストロークのリズムがすばらしく、左右対称に振っています。
また、プロは皆同じですが、ストロークの際に下半身が微動だにしません。
下腹部、腹筋に一定の力感と、上半身、肩を左右に振るリズムが良くないとこのようなパッティングには中々なりませんね。

追記:
ルーク・ドナルドの後方、前方からのパッティング練習シーンを追加。



↓のような器具を使い、フェースをまっすぐ引いてまっすぐ打ち出す練習をしています。



別の練習風景。
セットアップされたボールの前にティーを刺して練習しており、ストロークがアウトサイドに流れ、プッシュアウトしないように注意しているようです。(少し見にくいですが。)


そもそも、タッチや方向性を合わせるための練習も、正しいセットアップとストロークで練習していなければ意味がありません。
トッププロも、基本に忠実だったことが分かります。

おまけ
ルーク・ドナルドがフックラインのタッチを合わせる練習風景。アドレス時と傾斜ポイントにティーを指すことで、ボールの曲がりをイメージしているようです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加