ジャスティン・ローズによるフェード・ドローの打ち分け解説

ジャスティン・ローズによるフェード・ドローの打ち分け解説


2本のスティックを使って行うドリル。
ターゲットラインは変えず、スタンス方向だけを変えて球筋を打ち分けています。
シンプルですが、実践的な練習ですね。

ドローであればクローズドスタンス、フェードであればオープンスタンスに構えることで、ドローであればインサイドアウトのスイング軌道、フェードあればアウトサイドインのスイング軌道となり、インテンショナルショットを実現します。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加