はじめに – ゴルフスイングの究極の目標とは何でしょうか。



はじめに

管理人のgolf_humanです。数あるサイトの中から当サイトにご訪問頂きありがとうございます。また、再訪頂いている皆様、いつもありがとうございます。


突然ですが、ゴルフスイングの究極の目標とは何でしょうか。

それは、ボールに対して、どのような状況でも思い通りにクラブフェースをインパクトさせられることではないでしょうか。
そして、多くのプロゴルファーや上級者にはこの目標を達成しやすくするための、共通した「型」や「形」があります。


もちろん、どのような変則的なスイングであっても、ボールに対してクラブを正しくコンタクトさえできれば、それが正しいスイングであると言えます。


ただ、上級者の「型」や「形」を理解し、動きを模倣することは、正確で、再現性の高いスイング習得の最短距離であることは言うまでもありません。


では、ここで皆様に質問です。


数あるスポーツの中でも、野球のバッティングやピッチング、フィギュアスケート、そしてゴルフに共通する物とは果たして何でしょうか?

続きは↓から。









それは『回転』です。



そして、『回転』を伴うスポーツでは、自分がどのように動いているのか、自分自身では正確には認識できません。
人間である以上、『回転』の過程では、自分の脳の中のイメージと実際の動きにズレが生じることはやむを得ないことなのです。(一部の天才は除きます。)


このため、『回転』を伴う競技のプロの世界では、必ず『コーチ』が存在します。
トッププレイヤーでも、第三者からのチェックとアドバイスが必要になることを意味している訳です。


もう1つ、『回転』系のスポーツで言えることがあります。
それは、第三者であれば、その道の専門家でなくともプレイヤーの動きの良し悪しは認識できるということです。
(適切なアドバイスができるかどうかは別です。)


例えば、ゴルフ練習場やコースで、他の人のスイングの良いところ、悪いところが一目で分かるようなご経験、皆様にもあるのでは無いでしょうか。


つまり、ゴルフスイングとは、
 1.誰かに見て貰わなければ、完全に自分のイメージ通りには動けない。
 2.誰かに見てさえ貰えれば、修正すべき欠点や癖を見つけることは比較的容易である。
ものなのです。

このことを理解しないまま練習を続けることは、場合によっては変な癖付けや、単に下手固めを行っているだけに過ぎないことが起こりえます。


この点を解決するためには、プロのレッスンを受けることも1つの解決策でしょう。
ただ、時間の制約や、近くにレッスンを受ける環境が無い場合も良くあります。


このような場合、自分自身のスイングを録画し、上級者の「型」や「形」と比較しながら自分自身でチェックしていくのが、最も効率的で有効な解決策と成り得るのではないでしょうか。
当サイトは、このような皆様に活用頂けたらと考えています。


最近は自分のゴルフスイングを、身近に撮影できる機器も揃ってきました。

例えば、↓のゴルフ専用カメラのようなものを活用することで、スイング分析に有効なライン表示や、2画面表示再生、スローモーション撮影などが可能です。
カシオ ゴルフ用デジタルカメラ「FC400S」



また、スマートフォンやタブレットを使っていれば、自分のゴルフスイングを撮影・分析できるアプリが数多くリリースされています。


通信回線の高速化やスマートフォン・タブレットの普及で、世界中のトッププロのスイングや最新のスイング理論を、いつでも、どこでも見ることができるようになりました。
自宅、練習場、コースなど気になるときにチェックして、自分のスイングと比較しながら、皆様が美しいスイングを手に入れる一助となれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。


スイングで気になるお悩みがあれば、こちらのゴルフレッスンページからどうぞ。


また、世界のトッププロによるゴルフスイングをチェックしたい方は、こちらのトッププロによるゴルフスイング集からどうぞ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加