近代ゴルフの父、ハリー・バードン(Harry Vardon)の各種ショット

ハリー・バードン(Harry Vardon)の各種ショット



近代ゴルフの父、ハリー・バードンの各種ショット


ハリー・バードンは1890年台から1900年代にかけて活躍し、全英オープンを6度制した。
それまでゴルフのグリップはベースボールグリップが主流だったが、オーバーラッピンググリップを取り入れ、完成させたのがバードンである。
また、PGAツアーで年間平均ストロークが最少となったプレイヤーに送られる賞「バードントロフィー(Vardon Trophy)」の名前の由来となった人物でもある。


ハリー・バードン(Harry Vardon)の各種ショット



ハリー・バードン(Harry Vardon)のウッドショット 背面

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加