82年ぶり19歳でPGAツアーを制した、ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)の各種ショット

82年ぶり19歳でPGAツアーを制した、ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)の各種ショット。



2013年のジョンディアクラシック(John Deere Classic)で、19歳の新鋭、ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)が優勝しました。

プレーオフ5ホールに及ぶ激闘でしたが、19歳でのPGAツアー初優勝は、1931年のラルフ・ガルダール(Ralph Guldahl)以来82年ぶり(2013年7月時点)の快挙です。
あの、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズ、ロリー・マキロイでさえもPGAツアー初優勝は20歳で達成しています。今後の活躍が楽しみな若手がまた一人出てきましたね。



ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)がプレーオフ進出を決めた、ジョンディアクラシック18番でのチップインバーディ

ジョーダン・スピースは、ジョンディアクラシックの18番の最終ホールで約15ヤードのバンカーショットを直接カップに放り込み、プレーオフへと進出しました。




ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)のドライバーショット 正面・後方

腰を切る意識が強すぎるのか、切り替しから特に下半身の動きがやや大きい。インパクト以降左足カカトを軸に回転しているが、左足が大きく捲れてしまっている。左足はもう少し踏ん張りたいところ。



おまけ:1931年に19歳でPGAツアーを制したラルフ・ガルダール(Ralph Guldahl)のドライバーショット、パッティング

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加