タイガー・ウッズがアーノルド・パーマーインビテーショナル優勝を決めた素晴らしいパッティングシーン

タイガー・ウッズがアーノルド・パーマーインビテーショナル優勝を決めた素晴らしいパッティングシーン


2013年3月25日、アーノルド・パーマーインビテーショナルの最終ラウンドが行われ、タイガー・ウッズが2位ジャスティン・ローズに2打差をつけ優勝。
サム・スニードが保持するPGAツアー同一大会8勝という記録に並びました。
更にこの優勝によりロリー・マキロイを抑え、タイガー・ウッズが2年半ぶりに世界ランク1位に復帰しました。

この優勝を決めた、最終ホールのパッティングが見事です。
長い距離を残して3パットで優勝というシーン。世界ランキング1位に相応しく、土壇場で素晴らしい集中力です。

Tiger Woods wins the Arnold Palmer Invitational(外部プレーヤーが開きます。)



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加