脅威の515ヤード!ギネス記録を保持する伝説の飛ばし屋、マイク・オースチン(Mike Austin)のショット特集。

脅威の515ヤード!ギネス記録を保持する伝説の飛ばし屋、マイク・オースチン(Mike Austin)のショット特集。


機械工学、哲学、物理学、運動学の博士号を保持していたマイク・オースチン。
運動学の知識を中心に様々な要素をスイングに取り込み、独自のスイングスタイルを確立していきました。

1974年、全米シニアオープン、450ヤード・パー4のホールで脅威の515ヤードを記録。(グリーンオーバー。)
この515ヤードのドライブは、ゴルフトーナメントの最長飛距離として、未だにギネス記録となっています。
毎秒15メートルの強い追い風が吹いていたとも言われていますが、平地のホール、パーシモンのドライバーと糸巻きのバラタボールで作った記録です。
そして何といっても、この記録を作ったときのマイク・オースチンは脅威の64歳!
色々と尋常ではありません。

後にマイク・オースチンのスイング理論は、フィリップ・リードがオースチンの生涯と共に「In Search of the Greatest Golf Swing」で詳細に整理・分析し、独自の体系化が行われました。
残念ながら2005年の11月、95歳で鬼籍に入られていますが、その理論はマイク・オースチン法として呼ばれ、飛ばしの秘伝として多くの弟子に継承されています。

マイク・オースチンのウッドショット 後方・前方


マイク・オースチンのアイアンショット 正面


マイク・オースチン、若いころのウッドショット


マイク・オースチンのスイング解説





Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加