ドラコン世界王者、445ヤード飛ばすジェイミー・サドルフスキー(Jamie Sadlowski)の飛ばしの秘訣を分析

ドラコン世界王者、445ヤード飛ばすジェイミー・サドルフスキー(Jamie Sadlowski)の飛ばしの秘訣を分析



2008-2009年のドラコン世界チャンピオンになったジェイミー・サドルフスキーのショット。H/S70とも言われ、ドライビングディスタンス445ヤードの記録を保持する飛ばし屋です。

ドライバーは右打ちですが、彼は元々レフティー。アイスホッケーの選手でもあり、アイスホッケーのプレーは左打ちです。


ジェイミー・サドルフスキーは「捻転量」を限りなく多くし、またリストコックを最大限使い、極限まで「タメ」て、クラブヘッドの運動量を多くしています。
通常、コッキングが大きすぎて「タマリ」過ぎてしまうと、インパクトでクラブフェースをスクウェアに戻してくることが難しくなります。

しかし、ジェイミー・サドルフスキーはフェース面を確保するために左ひじを「引く」のではなく、「曲げて」おくことで、クラブフェースをコントロールしています。

左ひじを「引く」スイングの場合、スイング軌道はプレーンの左側、インサイド方向に外れてしまいます。
ですが、左ひじを「曲げる」スイングの場合、意識はフェース面とプレーンの確保にあり、スイング軌道はオンプレーン上に乗ってきます。
ただ、このスイングには高い技術が必要で、背筋・体幹が相当に強くないと真似することは難しいでしょう。日本の選手では、藤本佳則選手が、海外の選手ではリー・ウェストウッド選手などが同じ左ひじの使い方をしますね。








参考:リー・ウェストウッドのドライバーショット 正面


参考:藤本佳則のドライバーショット 正面




おまけ
ジェイミー・サドルフスキーのショットがゴルフシミュレーターのスクリーンを貫通。





Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

リー・ウェストウッドのドライバーショット。後方スロー。-Lee Westwood Swing Analysis

リー・ウェストウッドのドライバーショット。後方スロー。-Lee Westwood Swing Analysis



リー・ウェストウッドのドライバーショット。後方スロー。
インパクト直前まで右足が捲れず、前傾も維持されていて力感のあるスイング。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加