森田理香子のドライバーショット。後方スロー




森田理香子のドライバーショット。後方スロー。
捻転差が多く、切り替えしからの腰の切れ、上半身の残りが素晴らしい。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

森田理香子の理想的なドライバースイング 前方から。

森田理香子の理想的なドライバースイング 前方から。


森田理香子の理想的なドライバースイング。体の柔軟性が高く、捻転差がしっかりと確保されている。

森田理香子のスイングは、切り返し後、腰を鋭く切っていきながらも胸が後方に残ることにより、捻転差の維持と、インサイドからクラブを下ろすことが可能となっている。また、ダウンスイングに入ってからインパクトに至るまでリストコックがしっかりと維持されている。
スイングの力を左足の内側で受け止めている。左足つま先が捲れあがるのを抑えながら、右膝を送りながら蹴り込んでいく。特に森田理香子は右膝を送る動きが上手い。森田理香子のようなスイングが行われると、背骨を中心に回転しながら、左足で力を受け止めるため、左足太もも内側と右足太もも内側が共にスイング軸の中心方向(下腹部方向)に寄せられ、締まるような動きとなる。
さらに、インパクト以降の目線にも注目できる。森田理香子はインパクトした後も左目でボール位置を見続けることで、頭の位置がボールより後方(ビハインド・ザ・ボール)をキープしている。
美しく、完成されています。

森田理香子のスイング



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加