宮里藍のレンジ練習、各種ショット&ショートゲーム特集。

宮里藍のレンジ練習、各種ショット&ショートゲーム特集。



米国ツアーで活躍する藍ちゃんのレンジ練習、各種ショット、ショートゲームの特集です。

宮里藍のレンジ練習風景。ドライバー後方。
ドライバーショットの練習ですが、最初はゆったりとしたスイングから、徐々に早いスイングへ移行しています。


こちらも宮里藍のウォームアップ風景。アイアンショット&ドライバーショット正面。


宮里藍のウッドショット 後方スロー。


宮里藍のバンカーからのリカバリーショット。
距離のあるバンカーショットですが、フォローを低めに取りランを稼ぐ上手いリカバリーを見せます。


宮里藍、ラフからバンカー越えのピッチショット。直接カップイン。


宮里藍のラフからのチップショット。直接カップイン。


藍ちゃんは米国ツアーの中でも屈指の低パッティングアベレージ(2010年~2012年の3年でランキング4位前後)を誇っていますが、フェアウェイキープ率は10位前後、パーオン率がやや悪く40~60位です。藍ちゃんというとショートゲームの上手さが際立つ印象ですが、数字もそれを示していますね。

参考までに、宮里藍のフェアウェイキープ率は、2010年18位(73%)、2011年12位(79%)、2012年9位(79%)。パーオン率は2010年69位(65%)、2011年60位(66%)、2012年41位(68%)パッティングアベレージ2010年3位(28.67)、2011年4位(27.17)、2012年4位(28.68)となっています。


おまけ:宮里藍の英語でのインタビュー風景。
2006年から米国ツアーに参戦している藍ちゃんですが、英語でのインタビューもお手の物ですね。





Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーブ・ストリッカー(Steve Stricker)のドライバー、アイアン各種ショット

スティーブ・ストリッカー(Steve Stricker)のドライバー、アイアン各種ショット



世界ランキング最高4位の実力者でもあるスティーブ・ストリッカー。PGAツアーでも屈指の安定感を誇る。
スティーブ・ストリッカーは非常にコンパクトなスイングをしている。若干インサイドから降りてくるが、やや大きめのリストターンで上手く捕まえている。

スティーブ・ストリッカーのドライバーショット 後方スロー


スティーブ・ストリッカーの3Wショット 後方スロー


スティーブ・ストリッカーのコントロールショット 後方、正面スロー


スティーブ・ストリッカーの6番アイアンショット 正面スロー


スティーブ・ストリッカーのアイアンショット 後方スロー
スティーブ・ストリッカーは、男子プロにしては珍しくショートアイアンやウェッジのショットでもターフをほとんど取らないが、これはボールへの入射角と打点が安定していないと難しい。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加