GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」全38回総まとめ

GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」全38回総まとめ
(※ このページは動画の本数が多く、読み込みに時間がかかる場合があります。)


GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」全38回総まとめ

GOLFDIGEST TVさんで連載されていた、GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」の総まとめです。ゴルフレッスンのポイントが凝縮されており、必見です。


Lesson1「アドレスの向きはピンに向かって平行!」


Lesson2「アドレス時の右への傾き」


Lesson3「ボール位置は固定が簡単!」


Lesson4「ショートアイアンの基本!」


Lesson5「ロングアイアンの基本!」 

続きを読む

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

パターのトゥ部分を使ったアプローチ

パターのトゥ部分を使ったアプローチ



今回紹介するのは、寄せの小技。ピン型のパターに限定されますが、パターのトゥ部分を使ったアプローチです。

カラーとラフの境目は難しい

カラーとラフの境目にボールが止まってしまったケースでのテクニックです。特にグリーン奥でボールが止まる場合など、比較的良くあるシチュエーションなのですが、ウエッジではラフに掛かりそうで、パターでもラフに食われてストロークが乱れそうという難しい状況です。


パターのトゥを使った寄せの小技

マレット型のパターではできないのですが、こんな時に使える小技です。
パターのトゥ部分を使うことで、パターと同じストロークながら、抜けが良くなり、またタッチと方向のイメージもつきやすくなります。ピン型のパターを使っている方は試してみてはいかがでしょうか。

カイル・スタンリー(Kyle Stanley)による、パターのトゥを使ったアプローチ

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加