タイガー・ウッズ(Tiger Woods)の記憶に残るホール・イン・ワン2選

タイガー・ウッズ(Tiger Woods)の記憶に残るホール・イン・ワン2選


今回はタイガーの記憶に残るホール・イン・ワン2選です。


タイガーはプロ入り初戦で、いきなりホール・イン・ワンを達成します。
1996年 グレーター・ミルウォーキーオープン(Greater Milwaukee Open)での一コマ。



1997年、フェニックスオープン(Phoenix Open)の3日目、16番でのショット
タイガーはこの時21歳、若いです。この年にタイガーはPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いています。



近年は怪我に泣かされ続けているタイガーですが、再び華やかなプレーを見たいものですね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

松山英樹、日本男子初となる20代でのPGAツアー制覇を達成。

松山英樹、日本男子初となる20代でのPGAツアー制覇を達成。



2014年6月1日に行われたPGAツアー、ザ・メモリアル・トーナメント(the Memorial Tournament)。22歳の松山英樹が、アメリカのケビン・ナとのプレーオフの末、見事に初優勝を果たしました。

日本人選手がPGAツアーで優勝したのは、青木功、丸山茂樹、今田竜二に続き4人目。20代での優勝は日本人男子初の快挙です。
今回の優勝は、2014年のマスターズを制しているバッバ・ワトソン(Bubba Watson)や、世界ランク1位(2014年6月時点)のアダム・スコット(Adam Scott)を振り切っての勝利で、
世界クラスの実力があることを見せつけた格好となりました。今後の更なる活躍が期待できますね。


松山英樹 2014年 ザ・メモリアル・トーナメント(the Memorial Tournament)ダイジェスト



松山英樹 2014年ザ・メモリアル・トーナメント(the Memorial Tournament)優勝シーン

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加