100どころか一気に90切り!全32回総まとめ ドライバーショット編

100どころか一気に90切り!全32回総まとめ ドライバーショット編
(※ このページは動画の本数が多く、読み込みに時間がかかる場合があります。)


パーゴルフチャンネルさんで特集されていた「100どころか一気に90切り!」全32回の総まとめです。ショット別に整理しています。今回はドライバーショット編です。

なお、各回に登場するプロは以下の方々です。

第 1回~第 4回 大町 昭義プロ
第 5回~第 8回 金谷 多一郎プロ
第 9回~第12回 真板 潔プロ
第13回~第16回 冨永 浩プロ
第17回~第20回 小達 敏昭プロ
第21回~第24回 石井 忍プロ
第25回~第28回 植村 啓太プロ
第29回~第32回 佐藤 芳行プロ


ドライバーショット編

第5回 朝イチのティショット対策



第17回 方向性重視のドライバーショット



第20回 ドライバーが不調時の立て直し方



第25回 風の影響を受けずに飛ばす



第29回 ドライバー OB後の打ち直し

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル・ハース(Bill Haas)の美しいスイングから学ぶドライバーショットのポイント。

ビル・ハース(Bill Haas)の美しいスイングから学ぶドライバーショットのポイント。



米国で5勝(2013年6月時点)を挙げているビル・ハース(Bill Haas)のドライバーショット。

ビル・ハースは父親もPGAツアーで活躍したサラブレッド。幼いころから父親の指導を受けていたのでしょうか。とても美しいスイングです。
ビル・ハースのドライバーショット 後方スロー



トップでは手の甲から肩までが一直線に

美しいトップポジション。トップポジションで手の甲から腕、肩が一直線になる理想的な形。
腕と体が緩まず、クラブヘッドと体がしっかりと引っ張り合っていることが感じられる。
0:41~



切り替えしから、腕は真下に落下させたい

グリップエンドに注目。切り替えしで、腕が真下に落ちているのが分かる。クラブを振りにいくとグリップエンドが前方に流れる映像となるが、ハースのスイングは理想的。
0:42~
クラブの自然落下については、こちらの関連記事もご覧ください(関連記事:切り返し直後、腕を使い力でクラブを下ろさないためのヒント。



オンプレーンの確認は右腕とクラブシャフトの重なりで判断

クラブが自然落下しているため、ダウンスイングで右腕とクラブシャフトが完全にシンクロする。オンプレーンに乗り、インサイドからクラブが振れてくるとこのような映像となる。
0:49~



クラブフェースを閉じ、ボールを捕まえる動き

クラブシャフトが腰の高さまで降りてきたときに、打ち出し方向と一直線になる。左腕から左手小指側にかけて内転させるローテーションを行っているためクラブフェースが閉じる。ボールを捕まえるためにはこの形が必要。

このポジションからの美しい両腕のローテーションに注目。クラブヘッドの運動量 > 両腕の運動量 > 体の運動量になる。
体は、回転軸とスイングバランスを確保するために必要な動きだけをしていることが分かる。
0:50~

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加