アゲインストでも安心、パンチショットを完全マスター

アゲインストでも安心、パンチショットを完全マスター



今回はパンチショットの特集です。


例えば、強い向かい風が吹いている時などに高い弾道のボールを打ってしまうと、距離を大幅にロスしてしまいます。
こういった状況では、出来るだけ低い弾道の強い球を打ち、さほど距離を落とさずにボールをコントロールして行きたいものです。
パンチショットはこのような状況で威力を発揮します。
また、ディポット跡にボールがはまってしまったような状況や、林の中から脱出したい時などにも効果的なショットとなります。



パンチショットのセットアップ

パンチショットですが、以下のようにセットアップしてショットします。


1.クラブを1番手大きくして、グリップを少し短く握る

 特に、向かい風が吹いている時には、このセットアップを行います。


2.左足加重にする

 アドレスで若干、左足の加重を多くし、ボールから確実にインパクトできるようにします。


3.ボール位置は通常よりもセンター寄りへ

 ボール位置は通常のセットアップよりも、ボール1~2個くらい内側へセットアップします。
 こうすることで、ボールに直接インパクトし易くなります。


4.重心を下げる

 低重心で構え、特に下半身の上下左右への動きを極力抑えます。


5.左右への体重移動を抑える

 パンチショットはコントロールショットの一種です。体重移動は飛ばしの観点からは重要ですが、ボールをコントロールしたい時には、体重移動を抑えることで、飛距離を犠牲にしてもインパクトの再現性と精度を高めることが基本です。


6.フォローを低く取る

 スイングは振り切らず、フォローを低く取ります。パンチショットではこのフォローが肝です。


トッププロのパンチショット

以下は、2013年、全米オープン覇者、ジャスティン・ローズによるパンチショットの解説です。セットアップとフォローに注目してみてください。

ジャスティン・ローズ(justin rose)によるパンチショット解説



パンチショットは何故か、力みやすいショットです。「パンチショット」という名前のせいでしょうか。ゴルフスイングでは殆ど全ての状況において、力みは不要です。パンチショットでもセットアップさえしっかりしておけば、以下のトッププロのショットのように、力む必要はありません。


トロイ・メリット(Troy Merritt)のパンチショット

このトロイ・メリットのショットは、理想的な力感ですね。


アダム・スコット(adam scott)のパンチショット

出玉の低さに注目してみてください。クラブの番手(ロフト角)とセットアップ次第で、かなり低い弾道でも打ち分けることができます。


パンチショットは活用シーンの多いショットとなりますので、是非マスターしてみてくださいね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加