アダム・スコットが採用!エイムポイント・エクスプレスリード(AimPoint Express Read)とは何か。

アダム・スコットが採用!エイムポイント・エクスプレスリード(AimPoint Express Read)とは何か。



今回は、エイムポイント・エクスプレスリード(AimPoint Express Read)を紹介します。
エイムポイント・エクスプレスリード(AimPoint Express Read)とは、グリーンの読み方の技術で、近年、多くのトッププロが採用しています。


エイムポイント・エクスプレスリードを使いグリーンを読むアダム・スコット(WORLD GOLF RANKING 5位 / 2015年2月時点)

asaim1


エイムポイント・エクスプレスリードを使いグリーンを読むリディア・コ(ロレックス女子世界ゴルフランキング1位 / 2015年2月時点)




エイムポイント・エクスプレスリードを使いグリーンを読むジェイソン・ダフナー(WORLD GOLF RANKING 49位 / 2015年2月時点)




エイム・ポイント理論は、世界的に有名なビジネススクールであるウォートン・スクールでMBAを取得した、マーク・スイニー(Mark Sweeney)氏により開発されました。
スイニー氏は、あらゆる物体は、物理の法則に従い動くという前提に立ちます。
すなわち、ゴルフボールは、重力(グリーンの傾斜)と摩擦(グリーンの硬さや芝目、風など)と打ち出しの強さが同じ条件であれば、規則的に動くものと考えました。

これを体系的にしたものが、エイムポイント(照準点)理論です。

エイムポイントは、正確にグリーンを読むためグリーンで器具や専用のチャートなどを使うため煩雑でした。これを改善するため、最近、器具を使わずに簡易に行えるエイムポイント・エクスプレスリードが開発され、現在はこちらが主流となっています。

エイムポイント・エクスプレスリードを使い、ボールの狙い場所を決定する手順

エイムポイント・エクスプレスリードでは、体を使い情報を集め、ボールの狙い場所(照準点)を決定していきます。
非常に簡易的な手順としては以下です。


1.傾斜の確認

まず、カップに正対して立ちます。重力が右足、左足のどちらに掛かるかを感じ、傾斜を確認します。右から左、もしくは左から右の傾斜を0(フラット)~5(急勾配)の段階に見積もります。※本家エイムポイントは勾配を7段階に分類します。


2.曲がり幅と狙いどころの確認

ボールの位置まで戻り、1.で確認した段階分だけ指を立てます。例えば右から左への傾斜(フックライン)が3段階であれば、3本の指を立てます。そして、立てた指をカップに重ね、カップの右淵に一番左の指を合わせます。この時の一番右側の指が指し示す位置が、ボールの打ちだし位置となります。(例ではフックラインのため、カップ右淵に左の指を合わせます。スライスラインの時は逆に、一番の右の指をカップの左淵に合わせていきます。)


紹介動画:2:44近辺から、アダムスコットがエイムポイント・エクスプレスリードを使いグリーンを読んでいる様子が、3:09近辺から、指を立ててエイムポイントを示す方法が紹介されています。



興味のある方は、エイムポイントのパッティングクリニックがありますので、参加されてみてはいかがでしょうか。(参考リンク:エイムポイントエクスプレスパッティングクリニック


また、エイミングの書籍としては、こちらの本が詳しく一読の価値があります。(kindleで買えます。)

パット・エイミング教本―あなたはもう迷わない!パットの狙いにはちゃんと法則があった


上級者になればなるほど、パッティングの重要度が上がることは言うまでもありません。ご興味ある方は試してみてはいかがでしょうか。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

マキロイ、ウッズ、ダフナーによる世界最高のパッティングストローク3選。

マキロイ、ウッズ、ダフナーによる世界最高のパッティングストローク3選。


パッティングにおいては、全てのトッププロに共通しますが、下半身が微動だにしないストロークを身につけています。アマチュアで相当な実力を持つ方でも、コースに出るとインパクト以降にボールの行き先が気になってしまい、前傾が起こされ腰が開いてしまうストロークをしている人は多いものです。下半身の安定は、パッティングの精度を上げるために必須の条件と言って良いでしょう。

ドライバーのロングドライブも1打、30センチのパッティングも1打、正にパット・イズ・マネーです。ことパッティングに関しては年齢、性別、体格などほとんど関係ありませんので、世界レベルのストロークを真似て練習されてみてはいかがでしょうか。


ロリー・マキロイのパッティング 正面スロー

やや内股にアドレスし下半身を安定させ、両肩の真下でグリップ。
ボール位置は左目の下です。オーソドックスなスタイル。



ジェイソン・ダフナーのパッティング 正面スロー

こちらもオーソドックスなアドレス。
インパクト以降の目線、ボールの追い方が参考になります。
インパクト以降ボールを追う場合、ジェイソン・ダフナーのように左目を使い、首を左に回転させながら下から上に見ていく動きで追いかけたいです。(右打ちの場合。)



タイガー・ウッズのパッティング 正面スロー。

タイガーも同じアドレスです。ティー2本でボールを上下に挟みヘッドが同じ位置で帰ってくるように練習しています。また、右手だけの片手打ちやクロスハンドも練習していますね。



タイガー・ウッズの右手打ちパッティングドリルについては、こちらの記事も参考にしてみてください。パッティングの「考え方」と、10秒で距離感をつかむ秘儀。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加